貼付 ~ zero018

美術オタクの萌えキャラが登場

※ネタバレ注意
zero019

バリハルト神殿が崩壊してから五十数年後。
ハイシェラの良き好敵手であったインドリト王が死を迎える。
お互い認め合った仲でもあり、世継ぎのいないインドリト王国はハイシェラの支配下となった。
インドリト王の死によりケレース地方はハイシェラと仲の悪い魔神アムドシアスとのどつき合いが激化していく。

zero020

セリカが眠りについてから結構な時が過ぎ体にも馴染み始めたハイシェラ編。
先に魔導巧殻で知ってたんですが、相変わらずのハイシェラ様溺愛しまくりシュタイフェさんも参謀として登場。
ここからはケレース地方を制圧していくんですが選べる先、選択肢が増えてくる。
ルートによって違った結末にもなるっぽいですがこれが最適やぞ的なヒントがもらえるので素直に従いました。
最初からやるのはキツイけどここだけ全クリしたら違うルートも見ようかなー。

zero021

色々分岐する章なんですがアムドシアスにちょっかい出す前にも色んなキャラが登場。
ロリっ子のナベリウス、人間族の王女シュミネリア、エルフ族の長白銀公、そして調教要因のバラパムさん。
人間族は中々に無能っぷりを発揮しててやはり神にはどうしようもないんだなとおもいきや、
水の巫女が治める国ではどうやら人間族が魔神にも匹敵するとかなんとやら。
どうしても魔神や女神がメインの話となると人間なんてちっぽけな存在になりがちですがどう対抗してくるのか。

zero022

そんな道中をも楽しみながらアムドシアスさんを捕縛。
この子は見事に狙って来てますね、アホの子で可愛い。
ちょっと乗せられたら濡れながら踊っちゃうしバラパムさんにノリノリで犯されちゃうし。
ハイシェラさんとも末永くお供しそうなんでこれからも楽しみではある一人。

zero023

あまりダンジョン攻略というよりはどう国を攻め落とすかがメインな章ですが、敵の強さも中々に上昇中。
雑魚で出るガルガンドールがすげー厄介でオートで進行していると砲撃によってゲームオーバーが何回か。
敵の属性も見ただけで弱点はコレ!ってのが思い浮かばない敵も出てきて厄介すぎィ。
こちらも反万能や神格者なんかの防具を手に入れて楽にはなってるんだけどね!

zero024

そして最終戦。
何故こうなったかは語らずともですが普通につえー。
ダメージが痛いんでリクティナが回復に専念して暇な時は防御しながらで結構ギリギリ。
初戦は何も知らずに戦闘に入るんでアムドシアスが抜けて戦闘とかアレ絶対勝たす気ないよね。
しかしもう中盤の終わりですがボスが強いってのはやっぱ楽しい。

zero025

アムドシアス戦を終えてハイシェラ編終了。
ハイシェラさんの過去が少し見えたけど魔神になったというかあの辺はこれから詳しく語られるのかな。
今回の話でハイシェラさんのカッコイイセリフも色々見れたしもう正ヒロインでいいよねって。

次はようやく最終章に向けてセリカの封印解けた後の世界。
キリが良くて丁度止めたので何百年後になっているのかわからないけどセリカの記憶は・・・
完全にこの世界観にハマっちゃってますわ。

▼DLサイト(18禁)
 

タグ