rakia001

そういえばロリっぽいキャラは一切居ませんね
rakia002

自分が目指す踊り手として、世界を回るために冒険者を目指す主人公ラキア。
2年間魔法学校に通いついに実習過程としてラハードの大地を回る旅に出ることとなる。
行く先々で起きる様々な試練を乗り越え無事冒険者として認められるまで一人旅する物語。

踊り子ラキアが主人公のRPGです。
前作主人公とは違い明るく元気な子ってイメージ。
王道ってのがテーマらしく、樽やツボなど調べられる場所が比較的多く存在します。
ストーリー的には一本道、クエストがいくつか存在し合間にエロイベントが色々発生する。
エロい事する度に上昇する淫欲度が存在しておりその数値によってエンディングも分岐する。

rakia003

キャラの発言としては結構メタ発言というか説明するキャラが多く存在しています。
NPCとしてプレイヤーに対して発するキャラが多く、道中ヒントを与えようとするNPCが多い感じですね。
ゲームの世界に没頭したい、なんて人にはこういった表現は少し気になる人は気になるかもしれない。
ヒントとしても「レベル○○になったら次へ」など直接的な表現も多いので作り手側から作業を求められてる感も。

rakia004

戦闘はオーソドックスなターン制バトル。
基本はランダムエンカウントでエンカウント率は20歩以内にはエンカウントする率ぐらいで結構高め。
逃げれる確立は高めですが戦闘が結構キツイこともありちゃんと倒しながら進めた方がいいかも。

戦闘バランスはラキア一人に対して複数敵戦がキツイので少しキツ目の難易度。
普通に戦闘しながら進めていくと推奨レベル以下でボス戦に辿り着きますが、粘ればなんとか倒せるレベル。
ただ防御無視攻撃を持った敵の攻撃を連続で食らうと即死亡なんてこともあるので運要素も必要だったり。
推奨レベルが比較的高めに設定されていますので、さっくりと倒したい場合はある程度のレベル上げは必須ですね。

ランダムエンカ以外にはシンボルエンカウントの敵も存在しておりシンボル敵には敗北エロが存在しています。
シンボル敵は通常敵よりも強めな設定ですので負けやすい、が経験値が多め。

rakia006

特定の敵に敗北するとエロシーン突入。
敗北エロは全部で7種類。
異種姦がスライム、ゴブリン、トロル、箱、ぐらいですね。
ゴブリンも人型ですしトロルもでっかいだけなので異種姦を期待している人はオススメしないです。
敗北エロ自体多くはありませんのでエロは対人がメインになります。

rakia008

対人エロは売春やハプニング系、深夜徘徊、娼館、温泉、4つのイベントとして大きく分けられています。
売春は入るまでの葛藤は特にはなく淫欲度が高ければ発生する。
そして淫欲度の上昇値によってラキア自身の反応も変化していきます。
大体のイベントが3~4段階変化していくのでラキアがエロに対して変わっていく様がよく見られる。
一回見て終わり、なシーンよりも何回もヤって色んな反応を楽しみたい人にはよさ気かなー。

rakia012

しかし、この淫欲度が厄介で序盤は中々上がりません。
エロイベントは敗北以外発生条件として「淫欲度40~60開始」がホトンドです。
最低の40に上げるには敗北エロで淫欲度を稼ぐ必要があるため、同じイベントを複数回発生させる作業が必要となる。
普通に進めていた場合、エロイベントは序盤全然発生しませんのでエロ目的としてプレイしてると少しキツイかも。

rakia009

俺もまだあまり見れてないんですが60まで上がってからは深夜徘徊、娼館、温泉、と開放されるのでそこからが本番。
道中進めながらエロイベントも一緒に発生させるというよりも、自分で発生させにいくイベントが多い感じのゲームかな。
淫欲度が上がって大胆になってそして段階的にエロくなっていくイベントを楽しみたい人向けですね。
後多分この作者的に好きなんだろうけどパンツずらして挿入系も多いです。

rakia011rakia010

正直RPG部分はマップも広く序盤の作業感は強めで色々と焦らされる。
序盤はキツイけど後半になっていくとエロ含めて楽しくなっていくと思うのでそれまで我慢して遊べるか、かなぁ。
体験版部分だけではなんとも言いがたいとは思うので難しい所なんだけれどもね。
エロはまだ全部見れてないんでアレですが絵的に綺麗めで激しく乱れる描写は少ないかな。

ちなみに前作レイナやウサフィーナも登場します。
個人的にはディアナさんが性的過ぎてめちゃくちゃにしたいんですが今作はラキア以外ほぼないっぽいですね。
一応着替え要素もあるんですが一部ダンジョンだけなのでホントにおまけ要素。
まぁみんな似たような服な気もするんだけどね!

▼DLサイト(18禁)

タグ