hangyaku001

前作の使い回しもあるみたいだけど新規にはいいぞ~
hangyaku002

妖狐ツネ狐にひたすら犯されバトルファックしまくるセックスゲーム。

前作主人公なのかな、ツネ狐とのバトルファックがメインのゲームです。
主人公は名前を決められるのみで喋るキャラクターとしてはツネ狐のみ。
ゲーム開始冒頭にツネ狐がメタな発言してましたがそれぐらいで家に訪れた主人公がセックスバトルを挑む話。
まぁ細かいこと気にせず気軽にえっちを楽しもうってゲームです!

hangyaku005

メインとなるバトルファックモード。
戦闘中の攻撃となるアクションは全てエロCGが表示されます。
こちら側からの攻撃ではツネ狐を責めるシチュ、相手側からの攻撃では責められるシチュ。
責め側の攻撃手段は11種、責められが27種。
数も多い上に責め側では基本CGも幾つか存在しますね。

基本的には責められシチュのコスプレエッチ。
衣装が違うだけで同じ体位などもいくつかありますが、着ている服によってツネ狐の口調も変化する。
戦闘中のエロは全てボイスがあり射精するタイミングもカウントダウン付きでわかりやすい。
射精した差分についても一つずつちゃんと用意されてるっぽいですね。
音量調整がボイス単体でないのでちょっと不便な部分もありますが質自体は悪く無いかと思う。

hangyaku007

そして数が多いバトルファックモードでは自分で責められたいシーンを選択可能です。
動画作品とかにあるような感じですね、自分で好きなシーンだけを選んで再生出来ます。
この選んだ選択は完全に受け主体のMモードでひたすら技を掛けられまくります。

hangyaku008

バトルファックモードの他に敗北シーンも用意されており全部で12シーン。
戦闘では1シーン1シーンが短いのでじっくり1つを見る事が出来ませんが、こちらで少し長めのシーンが補完出来ます。
ただ、敗北シーンはボイスがないです。
これはまぁ値段的に仕方ないかな、戦闘中でのボイスがあるだけで十分満足です。

hangyaku009

その他前作の紹介を兼ねたちょっとしたイベントやらもありつつ。
前作をプレイ済みだと更に5種類シーンを追加可能です、この紹介といいうまい販売促進になってますね。

hangyaku010

ひたすらツネ狐とえっちを楽しむゲームですので勝利しても特にはないですが、とにかく気軽にセックスバトルを楽しめる。
前作の使い回しCGが多いようなのでプレイ済みだとどう感じるか分かりかねますが新規の方は絵柄さえ気に入ればオススメ。
絵柄はちょっと違ったタイプの種類もあるんですが個人的には細い線のより最後に載せたCGのような絵柄が好き。
敗北逆レイプはホトンド細い線の方だったのでこっちも半々ぐらいあればよかったなーと思ったり。

責められ好き、というよりこのキャラとえっちを楽しみたい方なら十分オススメな内容だったかなと思う。
Mシチュ主体に切り替えタイプとしても全然違ったゲームになってるのでこれは良い使い回しだったんじゃないかなぁ。
ポイント余ってたらそれだけで買えちゃう値段だしね!

▼DLサイト(18禁)

タグ