hexa001

こういう戦火モノはやっぱり悪いやつになってプレイするのが楽しいのです

※ネタバレ注意
hexa002

発売前からちらほら声を聞きついに発売された「戦乱のヘキサ」。
戦争を舞台にした作品で、王国軍vs帝国軍というまさに王道戦火モノ。
特徴的なのは主人公が6人存在している事。

最初に主人公を選ぶオニムバス形式で、様々な視点でこの一つの歴史が描かれています。
分類としては大きく分けて「兵士」「放浪」「指揮官」の3種類。
王国軍と帝国軍との戦争を舞台にしたストーリーなので基本的にはこの主人公達はそれぞれの陣営に付いています。
男主人公側では暴虐非道な行為で小国を攻め続け、女主人公側ではその攻撃を耐えながら必死に戦い抜いていく。
それぞれの視点で描かれるストーリーを体験する事で今起きている戦争の全貌が徐々に明らかになっていきます。

またこの物語は一度だけでは終わらず、それぞれのキャラクターには複数のエンディングが存在しています。
一介の兵士の場合必死に生き延びているだけだと何も果たせず戦争集結してしまう所が、
何度もそのストーリーを繰り返す事で強くなった兵士が下剋上を果たすなんて展開も発生してくる。
一人の主人公の中でも様々な展開が待ち構えているので一人ひとりのストーリーもかなり濃い。
そしてこの結果によって他の主人公でも新たな展開が生まれてくるらしい。

帝国兵ギア編

hexa003hexa004

ということでまずは始めの帝国兵ギア編。
どれから始めても特には問題なさそうですが一番とっつきやすいのは兵士編らしいとのことで兵士編から。

帝国兵ギアは特に取り柄もない一介の兵士。
見た目からしてモブキャラっぽいギアですがキャラクターとしてはやはりそこは帝国軍に染まった男。
帝国軍は討ち取った女達を日常で犯している軍隊なので、勝てば官軍負ければ死亡のわかりやすいストーリー。
進行的には拠点で準備を整える→(キャラクターイベントなど発生)→戦争WAVE→リザルトフェイズ→拠点への繰り返し。
全10WAVEある戦争を兵士となって戦い抜いていきます。

hexa005hexa006

なので兵士編としては毎回行われる戦へ駆り出されるのが特徴。
戦争WAVEが始まると敵がうじゃうじゃいるフィールドへ飛ばされ敵軍であるノード兵達と戦っていく。
戦闘はオーソドックスなターン制バトルですが、ファンタジー要素が薄い作品なので戦中HP回復手段が一切ありません。
これが厄介で、ギアはただの兵士なので序盤は一人と戦うだけでも結構瀕死状態になりやすい。
戦ではとにかく「生き延びる事」を重視し、時には死体の中に隠れてやり過ごすのも進める上では重要。

序盤は戦闘がかなりキツイので地道に訓練を繰り返しレベルを上げていくのが強くなる近道。
例え死亡してしまってもレベルが引き継がれた状態からまた始められますので地味に強化していくのが兵士編攻略の鍵。
才能のない兵士が成り上がるのは大変じゃけぇ・・・
そしてこの戦中で女キャラクターを討ち取るとWAVE終了後にご褒美タイムが発生する。

hexa007hexa008

シーンとしてはザ・陵辱。
圧倒的力でねじ伏せた後には相手が嫌がろうとも問答無用で犯していく。
戦争後には男たちが群がって女を犯し、欲望のままに性を発散していきます。
これからにも続きますが全てのエロシーンは陵辱オンリーなので男主人公側は相手なんてお構いなしに犯すプレイメイン。

ギア編は帝国軍の非道さがとにかくわかりやすく見られるストーリーですね。
戦で女を捕らえれば戦争後に陵辱、村を襲って陵辱、まさにこの為に戦ってる男たちの物語。
基本的には毎WAVE戦争へ繰り出し戦う事がメインとなりますが、拠点に居る女キャラも攻略する事が可能。

ギア編では同僚であるエーラ、傭兵ライラ、中盤から出現する女指揮官ルイーゼなどが登場。
元々一人ではそんなに強くないギアなのでいくら生意気言ってても手を出しづらいんですが、強くなればそれは別。
周回を繰り返し力をつければ例え上官であっても力でねじ伏せる事が可能で、言うことを聞く肉奴隷と化す事が可能。
最終的には名将である指揮官まで手を付けようとする男なので中々に侮れない兵士ギア編。

女兵士レダ編

hexa009hexa010

続いてもう一人の兵士レダ編。
レダはギアとは敵対する王国側の兵士。
帝国軍はその圧倒的力によって暴虐のままを貫き通している軍でしたが王国軍は攻められる側なので割と温厚。
帝国側とは違い戦に勝っても女を犯す事が禁止されているので女性も少し目立つ軍ですかね。服装もえっち。
しかしそういった欲の発散する場所がない為、傭兵を多く雇う軍の中にはレダ自身が狙われている場合も・・・

レダも始まりは一介の兵士から始まるのでWAVE毎の戦争を戦い抜くのが基本。
ギアと違うのはレダ編の場合戦闘などで勝利をすると戦功が得られます。
この戦功を貯める事でレダの階級が少しずつ上がり、階級が上がる事でレダに対して特殊な任務が発生していく。
階級が上がる事でイベントが発生していきますので割とイベントの発生条件としてはギア編よりわかりやすいですかね。

hexa012hexa013

しかしそんな余裕もないのが女主人公側。
男主人公の場合は勝利でエロイベントが発生していきましたが女主人公の場合は敗北することで発生していく。
その身をもって体験する事になるので負けてしまえば思う存分犯されてしまう。

普通に戦に出て負けて犯されてしまう事もあれば、帝国軍に捕まって拷問を受けてしまう場合も。
協力してくれる仲間と共に犯されてしまう時もあれば、山賊や傭兵などに犯されてしまう場合も。
レダ編の場合主要キャラがレダと親密関係のあるキャラが多く登場するので負けエロは中々の絶望感ですね。
こういった負けを体験しながら、周回を繰り返しギアと同じく少しずつ帝国に対抗できる力をつけていきます。

hexa011

とりあえず今回は兵士編の二人のストーリーを体験してきました。
兵士編の場合一本道ストーリーの中にイベント分岐がある作りでしたのでプレイ自体はとっつきやすかったですね。
地味に周回ゲーな部分はありますが新しいイベントが発生するとまた盛り上がるので周回は特に苦には感じなかったです。
強化自体訓練で簡単にレベル上げも可能でしたし、その分エロは多いので陵辱を見ながらまずは土台を楽しめた兵士編。

そしてここからがまた本番で、他2つの「放浪」「指揮官」ではまた違ったゲーム性が用意されている。
レダ編ではあの指揮官が登場してきたりもしましたしこうやってプレイしていると他編も非常に気になってきますね。
大体兵士編では各3,4時間程度でほぼコンプ近くまでいけたので1プレイの区切りとしても丁度良いボリュームでした。
ということで今回はプレイ記みたいになりそうですがまた次回!

戦乱のヘキサ 攻略メモ

ついでにほぼ自分用ですが忘れないようなメモ。
アーデルハイトやグートルーンなどの軍TOPのエロも気になる所ですがやっぱり今一番気になるのは山賊編。
ギア編では超下剋上があったので山賊がこの戦争全てをぶち壊してしまう可能性も・・・?楽しみにしてますわ!

▼DLサイト(18禁)
 

タグ