kamikakusi001

お嬢ちゃんかわいいね・・・うひひ・・・お菓子あげるから・・・ね?そんな悪ノリな気持ちで始めた僕は

※ネタバレ注意
kamikakusi002

前作から約6年、ロリっ子異種姦サークル「ベェーカリィー」の最新作が先日発売されました!
サークルとしては久々の最新作で、プレイヤーは祟り神を操作しロリっ子達に襲いかかっていきます。
原画は古くからお馴染みあの方が担当していますが本作は複数の方が携わっています。
合計13名の女の子が登場し、魑魅魍魎らしく様々なシチュによって穢されていく作品。

基本的なゲーム部分では祟り神が女の子を次々と神隠しするってのが目的。
しかしそれだけでなく本作の大きな特徴となるのがキャラクター一人一人の濃さ。
13名となるそれぞれの女の子達は多くの関係性が描かれ、祟り神の行動によって変化が起きていきます。
ある女の子の家庭の事情、かつて友達だった子達、そして祟り神に願いをこめた少女とは一体・・・
ルートもいくつか用意されておりプレイによってガラッと方向性も変わっていくストーリー性も高いゲーム。

kamikakusi003

まず基本的なゲーム部分。
プレイヤー自身が祟り神となる本作ですので始めの段階で起こす行動は「女の子を神隠しする」事。
ストーリーに関しては周回プレイしていってからが本番なのでとりあえずは女の子を攫うってのが始まり。

操作自体は全てマウス操作となっており始めは移動が少々はとっつきづらいかも。
メニュー画面を開くと全体マップやキャラクター関連の事柄が閲覧出来るので、
そちらを見ながら目当ての女の子を探しに村を探索します。

MAPを移動する毎に時間も経過していき女の子達もそれぞれ時間帯によって場所も入れ替わります。
見つけた際には移動の軌跡も表示されるようになるので探索を行う毎にどんどん情報が更新されていく形ですね。
日数も表示されますが実際時間経過系のイベントは数個しかなく時間制限もないです。
急ぐ必要もないのでまずは女の子をストーキングして情報を集めていくとその後が楽になるかも。

kamikakusi004kamikakusi005

そして目当ての女の子を見つけた後に行うのが人攫いパート。
人攫いパートでは独特なシステムが搭載されているので少し慣れが必要。

注目して欲しいのは接近と逃走のゲージ。
祟り神となるプレイヤー側は左クリックを押し続けると接近し、接近のゲージが100貯まると神隠しを行う事が可能です。
ただ女の子側も何かにつけられているってのを感じ、逃走ゲージが次第に増えていきます。
逃走ゲージが溜まり切る前より先に接近のゲージが100貯れば勝利、というのが基本的なバトルシステム。

勝利のシステム自体はそれに尽きるんですがただ単に接近するだけでは到底捕まえる事は不可能。
それを有利にさせるのがスキルシステム。
スキルは場面毎に有利な行動へ変換出来るモノとなっておりこのバリエーションが非常に多い。
女の子側は「後ろ向き」「振り返り」「正面」の3つの行動を起こすのでその行動を阻害するようにスキルを使っていく。

他にも警戒ゲージや侵蝕ゲージ等重要なシステムも含まれていますが、
まぁこの辺はプレイして慣れていくってのが一番良いですね。
始めの段階ではそう難しくはないのでまずはスキルをしっかり確認し、行動に合わせられるようになればもう完璧。
終盤では直接なバトルや特殊戦でのメタに合わせた攻略法もあるのでスキルをちゃんと学ぶのが何よりも重要。
同じ戦闘は一度神隠し後スキップも可能になるので周回での煩わしさはなく、初見でのプレイを重視したバトルシステム。

kamikakusi006kamikakusi007

無事神隠しを行えるとエロシーンが発生していきます。
祟り神が女の子たちを攫うのがメインのゲーム部分にはなりますがシーンとしては直接手を下す事は少ないです。
魑魅魍魎達が女の子たちを犯していく様が中心となっており様々な異系によって穢されていきます。

13名の女の子は基本ロリ系キャラクター。
子供を産んだ人妻も登場しますが容姿はおっぱいも控えめで他の子達は年も幼い子が多い。
知識も薄く何もわからないまま犯される場面が中心で陵辱メインに穢されるシチュ。
中には挿入したら壊れる程のでかちんぽを挿れられる子もおり対異系との行為は陵辱感も強い。

またシーンの中には特殊な石化イベントや人形化のイベントもありシチュの幅は広いです。
初期から存在する村娘達は異系によって穢され深く堕ちていく様を見られますが、
物語を進める内に出現し始めるキャラクター達は特殊な子も多くそういった子達は変わったシチュが増えていきますね。

kamikakusi009kamikakusi008

一周目のプレイ時はあくまでも「祟り神が女の子達を神隠しするゲーム」。
しかし本作の真骨頂となるのが二周目以降のストーリー要素。

一周目終盤に解禁される要素の一つに「夢に入る」要素があり、これが大きく物語を動かしていく。
夢の中に入ると祟り神本人ではなく関係性の深い人物に装う事が可能になります。
近しい人物との交流により胸の内を明かされ、関係性がより深く描かれていく。
更には夢の中で入手した言葉を扱いより引き出しを増やしていく事も可能で謎解き要素がどんどん増えていきます。
一周目ではただ襲いかかるプレイだったのが、二周目以降になるとキャラクター間の交流が深く関わり始める。

二周目以降では通常認知されない神隠しを感づく新たな人物も登場し始め、祟り神本人が危険に晒される事も。
ガラッとストーリーが大きく変わっていくのが本作のメインとなる部分でこれが非常に遊びごたえたっぷり。
周回プレイ時には表ルートと裏ルートが新たに選択可能で、ルートによって攻略対象も変わってきます。

読み進みていく内に段々と女の子自身に対しても疑惑が浮かび上がり、複雑に絡み合っていく本編ストーリー。
非常に引き込まれる文章も見事な作りでプレイしていく内にどんどん魅力にハマっていくゲームです。
そして伏線を全て回収し最後に訪れる終幕ルート、是非最後までこの物語に浸かってみて欲しい。

kamikakusi010kamikakusi011

初回プレイ時では何も考えずに可愛い女の子だねぐへへ言いながら
穢れを払っていく祟り神プレイはそれはそれで楽しく遊べました。
女の子を攫って犯すという非人道的なプレイはエロゲーらしく、
戦闘システムも段々理解していくと楽しく一周目時点でも十分な攻略要素は味わえる本編。

そしてそこから大きく変わっていく二周目以降のプレイ。
周回を始めると突然現れる新キャラクターには驚かされ内容も複雑に絡み合う。
一周目では見れなかったそれぞれの夢の中を覗いてからはまた色んな関係性が気になり始め、
鍵を見つけ開放させていく事で明かされていくストーリーにはどんどん引き込まれていきました。
「神隠し」という記憶の中から全てを消し去る現象に苦しめられる少女達、そして次第に明かされていく祟り神の真実。
ボリュームも文句なしに遊べる作品なのでロリっ子エロが大丈夫なら是非オススメしたい一作。

久々の新作でしたが捨てキャラが一切おらず全員に魅力があってホント攻略してて夢中になれる作品でしたね。
最初の印象とコンプリート後の印象なんてもうまるっきり違うキャラも居てあの子なんて本作一のMVP。
でもやっぱりタタリ様とえっちする様が可愛いきつねちゃん純粋に好き。
プレイとしては二周目以降は情報量も多くなり中々手間はかかる作品ではあるかな。
ただそれを見つけるプレイも攻略中は楽しく、自力で解くのは全然苦にはならなかったです。
特にキャラ間の繋がりがわかってくると解き甲斐もあるモノで、それがガッチリハマると達成感も高い。
気づけば10周を越えてましたが周回への移行も快適だったので謎解きが好みだとより楽しめると思います。

● 神隠し しょぅじょ贄 攻略

最後に一応攻略チャートを置いておきます。
ネタバレ全開ですし今作は自力で解くのも楽しみの一つだと思うのでどうしてもわからない時に使ってね!

▼DLサイト(18禁)

タグ