donadona001

久々の新規IPタイトルに期待して我慢できずに体験版を遊ぶ!
donadona002

長年続いたランスシリーズが完結し次なるタイトルに期待が高まるアリスソフト。
そんなアリスソフトの最新作「ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう」の体験版が先日公開されました!

エロゲらしかぬポップな絵柄、世界観が特徴的なゲームで非常にハイカラな本作。
スタッフも代替わりしどんなゲームに仕上がっているのか、色々と注目度の高い作品ですね。
自分はあまり体験版を事前にプレイしたりはしないんですが今回は気になっていたので発売前にプレイ。
スタイリッシュかつハイカラな要素はバリバリだったのでプレイ感を軽く紹介。

世界観やゲーム進行について

donadona003

まず本作の世界観について。
主人公が暮らす都市「亜総義市」では企業が全てを制御しており管理された元若者達は生活を送っています。
企業が作るその国の構造は若者達にとっても過ごしやすく、何不自由もなく日々の生活を楽しんでいる場所。
しかしその世の中に疑問を呈すモノが現れます。
それが「抗亜」という存在。

主人公はその管理社会に対抗するべく「抗亜」となり一矢報いる、というのが本作のストーリー。
いわゆるレジスタンスとして活動を始めるお話で国との抗争を描いていくのがメインになる感じですね。
体験版ではチャプター1,2をプレイ可能なんですが何故そんな活動を始めたのかというのは多くは語らず。
世界観については深く語られなかったので序盤は軽めに、これからどう膨らんでいくのかが見所ですね。
まぁ基本ノリが軽いキャラクター達がメインなので国の為というよりかはとにかく好きに暴れまわる主人公勢。
公式の物語紹介には「生誕祭」ってのがキーになるようなのでそこから大きく展開が変わっていきそう。

donadona004donadona005

ゲーム本編では主に「ハルウリ」と「ヒトカリ」を交互に進めて攻略していくのがメインとなります。
拠点画面で仲間達と交流をしながら準備を整え企業(ダンジョン攻略)へと乗り込んでいく形。
主にヒトカリフェイズで物語の進行が行われ、その合間には自由な稼ぎプレイが可能。

ストーリー中仲間が攫われる場面ってのがあるようなのでその時に時間制限が追加されるタイプっぽいですね。
なのでプレイ中での稼ぎなんかは自由そうでじっくり準備を整えてから強敵に挑んでいくゲームな印象。
全体での時間制限は多分ないかそこまでキツくはないんじゃないかなわかんないけど。
体験版では20日までプレイ可能ですがストーリー進行させなくとも特に何か起こる事はなかったです。

ヒトカリフェイズ

donadona009donadona008

そんなまずはヒトカリフェイズについて。
ヒトカリフェイズではメインキャラクターを使ってダンジョンを攻略していきます。
ダンジョンMAPは前に進むだけのシステムで敵マークでは戦闘、宝箱マークではアイテム、といった簡単MAP。
一度進んだら元には戻れないので分岐に関してはまた後日改めて攻略に向かう形。

戦闘では距離を活かしたバトルが特徴。
各キャラクターのスキルはリーチが存在しておりそのリーチ間でしか攻撃が行えないです。
ただバトル中位置変更はいつでも可能なので戦闘中キャラの隊列を変更しながら狙った相手に攻撃を与える感じ。

こちらの戦闘はかなりスピーディに行われ見ていて非常に楽しいバトルに仕上がってます。
技によってスタイリッシュに動きつつキャラクターも個性豊かで色んな攻撃方法を魅せてくれる。
2D格闘ゲーム並に動く各キャラの演出は見ていてホント飽きなさそう。
キャラクターやスキルはまだ少ないですが増えていくとまた楽しくなりそうなバトルですね。
紹介動画でもその戦闘の様子は見られますがこちらは是非体験版で一度触れてみて欲しいかも。
正統派に戦う男キャラよりも女キャラの方が色んな意味ではっちゃけてて今後のキャラにも期待が高まる。
脳筋タイプのザッパもお気に入りキャラになりそうなんで手が伸びて欲しい。

ハルウリフェイズ

donadona006donadona007

続いてもう一つのハルウリフェイズ。
こちらは「資金確保」の為に行われるフェイズでダンジョン内で得た子を使って売春させていく。
戦闘中女の子がたまに現れるのでその子を最後に撃破するとハルウリ要因としてドナドナ出来ます。
こちらのシステムはかなり簡単で客の性癖に合えば売春が成功しお金を入手出来ます。
本当にこれだけではあるのでまさにお金稼ぎの為に用意されているのがハルウリフェイズ。

ハルウリキャラクターに関しては加入時にランダムでステータスが決定されます。
ステータスによって客が取れるかの正誤判定が行われるのでアイテムを使って強化するのもあり。
ただ仕事を行うとハルウリキャラ達はステータスがどんどん低下してしまい、
メンタル値が下限まで進んでしまうとそのキャラ自体が売春を行えなくなってしまいます。
なのでゲーム的には使い捨てが推奨でハルウリキャラに関しては人権はほぼないと言ってもいいかも。
「いっしょにわるいことしよう」なゲームだからね、愛着湧いちゃったら維持するのは大変だよ!

また中にはユニークキャラも存在しておりこちらはイベントシーンなども用意されています。
ユニークキャラは貴重なので妊娠しないようモブにはピルを与えず取っておくってのも重要になるかも。
基本モブキャラはダメになったら使い捨て、新たな人員に入れ替えるそんな外道システムがハルウリの特徴。

キャラクター関連やエロイベント

donadona010donadona011

メインキャラクターはとにかく皆ノリの良い子が揃ってます。
特にポルノちゃんに関しては主人公の師匠的なポジションとして色々手ほどきをしてくれる。
毎度のように主人公に対してえっちな事をけしかけからかってくる子でその圧に負けてタジタジになる主人公くん。
結構主人公の立ち位置としては受け身なキャラクターで誘われたら断れないポジションっぽいですね。

体験版ではキラキラのイベントシーンもありましたが行動に反して経験が少ないギャルタイプ。
公式を見るとナースポジの癒し系キャラ、お嬢様系、天才メカロリっ子が仲間に加わる模様。

本編では攫われるイベントやユニークキャラの売春シチュも見られるようなので、
主人公とのシーンを程々に敗北系や売春系が多く揃っていそう。

donadona012donadona014

体験版では全容はまだ見られないストーリーでしたがこのぐらい軽いのは個人的には全然ありな感じでした。
仲間内で始めた活動は順調にいきつつも、程よく挫折を味わいどうぐちゃぐちゃになっていくのか。
稼ぎの手段が外道極まりないので進行状況によっては中々に絶望を味わう展開なんかも見られそう。
一応回避も出来るっぽいのでまずは強敵との対峙含めたメインストーリーに期待したいですね。

プレイ感としては戦闘のスタイリッシュさは見ていて新鮮でかなり楽しく遊べそうなシステムでした。
この2Dキャラクターのバトルはアリスソフトゲーの中でも屈指の出来で触ってて楽しい感は大きい。
難易度的には緩そうですが味方の演出だけでなく、敵キャラやボスの種類も多いと個人的には嬉しい。
システム含めたBGMも相まって割と飽きる事もなく遊べそうな予感。

気になるのは全体での日数制限があるのかって所ですかね。
本作はゲーム外から自由にハルウリキャラを作成出来るので、
ぶっちゃけ稼ぎすぎるってのもそんなには気にしてないのかも。
なので急かされず好きなタイミングでストーリーを進行させるプレイってのは出来そうには思えるかな。

発売まで一ヶ月を切ったドーナドーナ。
キャラクターグラフィックに合わせたそれぞれの個性もガッチリハマっていて気軽に楽しめそうでした。
演出もかなり凝った作品に仕上がってたのでボリューム含めて期待しているよ!!

▼DLサイト(18禁)

タグ