bokukano001

葉月は僕のもの葉月は僕のもの葉月は僕のもの葉月は僕のもの葉月は僕のもの葉月は僕のもの

※ネタバレ注意
bokukano002

会社の上司「葉月」に恋をする主人公。
その凛々しい姿に見惚れた主人公は恋心よりも先にドス黒い感情が次第に芽生えていった。
そんなある日、葉月の元に海外支部へ誘いがあり転勤する事が決まってしまう。
転勤までの3日間しか会えなくなってしまった上司葉月との関係。
主人公は絶対に手放したくない、そんな強い想いが加速し、ある計画を実行する。

歪な愛情に芽生えた男が主人公のシミュレーションゲームです。
高嶺の花である上司「葉月」を堕とすゲームでただの恋愛ゲームでは終わらない本作。
主人公の歪な愛情が一番大きな作品で、付き合いたいという感情よりも先に「支配したい」感情が芽生えます。
「葉月は僕のもの」といった感情が前に出すぎた主人公で転勤までの間に準備を整え拉致監禁を目指していく。
実は普通にしていれば脈があるのにも関わらず性癖には抗えない、そんな主人公の愛情表現が見所の作品。

Chapter1,2 情報収集-決行編

bokukano003bokukano004

本作では主に3つのチャプターに分かれ物語が進行していきます。
まず始めとなるのが情報収集編。

葉月の海外転勤が決まってから3日間の内に葉月の身辺調査を行い情報収集します。
主に情報収集のメインとなるのが「葉月自身の事」と「拉致監禁計画の実行方法について」。

葉月自身に関しては会話などを通して情報を探っていきます。
朝昼夕夜と4回行動が出来ますので昼には食事に誘ってそれとなく誕生日を聞いたり好きな食べ物を聞いたり。
表向きでは好印象な後輩くんで通っているので接触の機会は割と多い。
そんな表向きな態度とは裏腹に夜には会社に忍び込みゴミを漁ったり机をぺろぺろしたりとやべー行動も。
朝出勤時などには痴漢行動も可能でこちらも中々楽しみ甲斐がある。
会話で好感度を上げ好印象な男になっても良し、痴漢に徹して性癖をぶつけても良し、と割と行動は自由。
葉月にどう思われているかはプレイヤーの行動次第になりますね。

bokukano007bokukano005

そんな葉月自身との関係も築きながら重要となるのが「拉致監禁計画の実行方法について」。
こちらの情報に関しては人づてやテレビでの情報収集が必要で自身で調べる行動が重要になります。
1日目、2日目、と日数経過毎にアクションも変わってくるのでとにかく1日毎に色々調べる必要があります。
ちょっとこちらの情報に関してはヒントが少ないので大変ですがそこまで範囲は広くはないのでまぁまぁ。

作戦でキーとなるのが「催眠薬」か「クロロホルム」の入手。
どちらかのアイテムも入手後には葉月に使う前に会社の後輩や野良JKで試す主人公。
葉月以外なんとも思ってない奴なのでとりあえずお試しとして実験台になるこちらのサブキャラクター。
ほんま葉月の事しか見えてないやべーやつやで・・・

3日経過すると決行チャプターへと移行し、
主に作戦成功での拉致監禁ルート、計画失敗、強行手段、純愛ENDなどに分かれます。
基本的には葉月との会話で好感度をMAXまで溜めて付き合う事になると純愛END、
情報収集で催眠薬かクロロホルムを入手し事前に試しているとそのまま拉致監禁ルートへと移行する。
その他の中途ENDや道中での行動によっても少し内容も変化するのでここまででもかなりパターンは多いですね。

Chapter3 拉致監禁編

bokukano008bokukano009

無事計画が成功すると次なる展開「拉致監禁編」へと進みます。
拉致監禁編では葉月を家に縛り付け自由な調教が可能になる。

主人公は日常を過ごしながら葉月の管理を行うのがこちらの拉致監禁編。
放っておくとお腹が空くのでちゃんと食事を与えたりトイレもこちらで全て管理する(大はなし)
主に服従度を上げきるとENDまで、逃走度が上がりきってしまうとBADENDなどに変化します。

調教ではいくつかコマンドが用意され、
耐久性のお仕置きシチュ、積極性の愛撫シチュ、服従度の奉仕シチュ、淫乱度の本番などがあります。
こちらは責め方次第でコマンドの開放や主人公に対しての葉月の態度が変化していきます。
例えば普通に服従度を上昇させれば少しずつ主人公に身体を許すよう変化し最終的にはご主人様呼びになったり。
逆に服従度を上げずに進めるといつまでも反抗した態度を取る様子を楽しめそのままの姿で妊娠させたりも出来る。
どういった姿で楽しみたいかはプレイヤー次第で意外と幅広く楽しめますね。

またお店を見つけているとえっちなグッズも購入可能となりプレイの幅も広がっていきます。
目隠しなどの装備品に関しては見た目の変化がなかったのでここは少し残念かな。
(バイブやアナルビーズ、電気ショックプレイや搾乳機などのプレイアイテムはイベントシーンも変化あり)
一応END後もプレイは可能で妊娠させてボテ腹プレイを楽しんだり深夜徘徊をさせるなんてことも可能。

まとめ

bokukano010bokukano011

歪な愛情が加速し拉致監禁を目指す、そのコンセプトは非常に面白い作品でした。
プレイヤーの行動次第で様々な変化がありどのような結末になるかは楽しみ甲斐はある。

ただエンディング数や道中の変化は多いものの全ての要素を味わうには少し苦労が必要。
というのも情報収集パート含めて引き継ぎがなく、全て一連の流れによって内容が変化する作品です。
例えば痴漢プレイやセクハラに徹していると葉月との交流の場面を進めるのは難しくまた別で進める必要があり、
監禁編でも調教での変化パターンはあるもののこれを楽しんだら次はまたロードしなおして違った様子を楽しむ、
そんなプレイ中では段階毎にセーブデータを残しておかないと様々な変化を楽しむのは少し難しい。

それ自体は周回ゲーとして楽しむには良いとは思うんですが、肝心の回想には全イベントが載っていません。
回想には計13のシーンが用意されているんですがそれ以外にも本編では楽しむ場所ってのは存在しています。
本編中ではセクハラ行為や違ったイベントも楽しめるのでクリア後の全開放はあまり機能してなかったり。
色々楽しむには分岐毎のセーブデータは必須で、回想面は勿体なかったって印象は大きかったですね。

一度目のプレイは非常に楽しくどう染め上げるか、どう堕としていくのか、などはプレイしていてワクワクしました。
監禁後も自分のモノにしてやったぜ感は大きく、その後の変化含めてまさに歪な関係を味わえる。
ただやはり回想の仕様含め不親切な部分もあり、全てを味わうには何度かのプレイは必要になってきます。
気軽に自分の思うままに「葉月を俺のモノにするプレイを一周楽しめればいいや」って方なら楽しめると思う。
その分自力で色んなパターンをしゃぶりつくしたいって方は結構大変な作品になってしまうかも。

色んな変化も楽しめて良い作品だったんですがやっぱ回想の仕様だったりは勿体なかったですね。
自分も何周か遊んでたんですが結構大変で途中からあの最後の様子を楽しめればいいやってなっちゃった感。
全部を味わうってよりも一周に全てをかけてどのような結末になるのか、身を任せた方が良い作品かもしれない。

▼DLサイト(18禁)
 

タグ