aidol001

主人公くん程よく気持ち悪くて好き

※ネタバレ注意
aidol002

「サキュバス」
悪魔の一種でありながらも性に関する能力を持っている事からか、
えっちな作品に触れた事のある方なら一度は見た事のある人種。
妖艶で魅力的な女性の姿、そしてえちえち能力を活かし男達を誘惑してくるサキュバスさん。
同人作品、特に男が主役であると目覚ましい活躍を見せてくれて今でも不動の人気を誇るジャンル。

そんな一人のサキュバスをテーマにした作品がこちらのゲーム
アイドルサキュバスルリルリの誘惑に打ち勝て!

本作の舞台は非常にゆる~い世界で人間とサキュバスが共存している世界。
ヒロインである「ルリルリ」はサキュバスながらもアイドル活動もしており今では人気沸騰中のアイドル。
しかしただ単にアイドル活動を行っているだけでなく、実は裏で魅了魔法を使ってファンを増やしている厄介モノ。
そんな悪さをしているルリルリの悪行を止めて欲しい、と依頼された主人公がルリルリに対し説得を行っていくお話。
果たして主人公は誘惑に打ち勝つ事が出来るのか!というまさにタイトル通りのvsサキュバスゲー。

aidol003aidol004

ゲーム本編では一対一の対話型のアドベンチャーゲームとなっています。
目的としては「説得させる」のが一番の目標でルリルリを無事改心させればクリア。
ただイキナリ説得させても応じるハズもないのでまずは会話をして探っていくってのが主な要素。

行動は主に「説得」「会話」「アイテム使用」「敗北系」の4つ。
説明通りまずは会話するってのが必要となるので会話で説得の難易度を下げていきます。
会話中様々な誘惑行為をルリルリは行ってくるのでその誘惑からうまく逃れ、最終的に説得を行う感じ。
誘惑から逃れる事が出来ればクリア自体は難しくないですが本作の中心となるのはその対話の要素。

aidol005aidol006

ルリルリとのお話中では何気ない内容から始まりつつもその本質はやはりサキュバス。
主人公の「あわよくば手を出してしまいたい」そんな感情をうまく揺さぶり様々な誘惑行為を仕掛けてきます。
わざとパンツが見えるように目の前で踊りだしたり、時には甘えてもいいと誘導をかけてきたり。

キャラクターとしてはアイドルらしく可愛らしさを全面に出してくる子。
サキュバスのイメージとしては「搾精」って言葉も強い人種ですが本作のルリルリは非常にあまあま。
あくまで言葉で堕としてきようとする子ですぐに手を出してきたりはしない。
何気ない会話から感情を揺さぶりつつ、選択肢を与えプレイヤーに対しどうして欲しいかを探っていきます。
この甘い誘惑の言葉の掛け合いが魅力的な部分でキャラクターとしては小悪魔のイメージに近いかも。
どの選択でどうして欲しいのか、それによって様々なシーンに移り変わっていきます。

aidol007aidol008

メインの対話部分でもえっちな姿は見られますがシーンの基本は敗北からの描写。
誘惑に無事負けてしまえばそれぞれのシチュによってイベントシーンが変化していきます。
本作ではこの会話のパターンが非常に多く用意されている作品で合計30以上用意されています。

そして何よりもシーンの特徴的なのがあくまでも「敗北」ではないって部分。
様々な誘惑を行ってくるルリルリですが例え誘惑に負けてしまってもちゃんとご褒美を与えてくれます。
こうして欲しいんでしょ?という問いに対し頷いてしまったとしても決して裏切る事もなくその行為を叶えてくれる。
欲望を忠実に叶えてくれる子なので耐えきれないようなら素直に頷いてしまえばよろしい。
これは負けじゃない、誘惑に勝てなかっただけだ!という主張をしっかり叶えてくれるシチュ。

めちゃくちゃ甘々にご奉仕してくれるルリルリちゃんでサキュバスの負のイメージが一切ないエロ。
プレイヤーに対してのご奉仕力が非常に高いシチュエーションがメインで負けてもいいと思える素直さが特徴。
そんなシチュエーションがメインとなるのでエンディングに関してもBADENDがありません。
例え負けて帰ったとしても主人公は幸せな面持ちで帰るだけなので幸せな空気感で終わらせてくれる。

「誘惑」という悪魔の囁きをとにかく幸せに変換させてくれるルリルリちゃんとの誘惑ゲー。
終始ゆる~くあま~い責めを楽しめる作品なので素直に甘えたい、そんな方にオススメの作品ですね。

▼回想
aidol009

回想はホーム画面から回想全開放も可能ですのでイベントシーンはいつでも好きに楽しめる仕様です。
と言っても本編自体は軽く遊べますので対話を楽しみつつまずは本編で好きに遊んでみるのをオススメ。
誘惑に負けたとしてもそれはそれで楽しめるゲームですので欲望のままに素直に遊ぶのが良き。

サキュバスの強い搾精のイメージは一切なく、とにかくあまあまな様子でエロを味わえる作品です。
表情豊かでからかってくるルリルリの姿は非常に可愛らしく、終始ゆるあま系。
難点としては基本CGがそんなに多くはなく、シチュとしてもガッツリ系よりかは小悪魔誘惑からのご奉仕系が特徴。
キスパイズリ足コキなどの本番以外で甘えさせくれるようなシチュが多くなるので搾精とイメージはほぼないです。
なのでサキュバスでは王道となる逆レイプ要素が好きな方よりも甘い色仕掛けにハマれる方にオススメしたい。

ルリルリちゃんかわいいねぇ・・・うへへ・・・ニチャァ
と逆に良い意味で気持ち悪い笑顔の出る作品です。
負けてからの絶望を味わうサキュバスの責めも良いもんですがこの幸せ空間が本作の魅力。
たまにはこんな優しいサキュバスに負けてみるのも悪くないかも。

▼DLサイト(18禁)

タグ