sakura001

ひたすらにエロに特化してて好きな人にはハマるやつですねこれは

※ネタバレ注意
sakura002

妖刀に魅入られた少女桜花。
桜花はある目的を果たすべく、様々な町を渡り事件を解決していく一人の少女の物語。

和風な舞台、妖怪退治をテーマにした作品「桜花見参」でございます。
ある目的をもって傭兵業のような旅を続けていくゲームでシンプルなエロRPG作品。
物語性やシステム部分に大きな特徴はないながらもエロに力を入れられており特徴的なのが段階エロの数。
変化の数がめちゃくちゃ用意されている作品で、抵抗する様から次第に変化しどんどん淫らに堕ちていく。
このそれぞれの段階による変わりっぷりが見所のえちえちRPG。

sakura003sakura004

ゲーム本編の流れとしては各町で起きている異変を解決するってのが主な目的。
桜花は妖怪退治をしながら旅をしている子でそれに困った依頼をそれぞれで解決していく流れ。
割とこの辺は奇々怪々な事件が起きるって事はあまりないのでストーリー自体はシンプル寄り。
一応桜花自身の事柄も触れられていきますが物語性は薄めですのでやはり本作のメインとなるのはエロ要素。

そんなエロ要素のまず一つは戦闘エロ部分。
戦闘での難易度自体は緩く設定されておりシンプルなターン制バトルシステム。
それに加え雑魚の種類にエロ攻撃ありの敵となしの敵とで分かれており、
戦闘エロありの敵と戦闘をこなすことで「淫気」というポイントが蓄積されていきます。
淫気はスキルの取得や淫乱度上昇にも繋がるので積極的にエロありの敵と交戦するってのが攻略のポイント。
エロ攻撃ありの雑魚敵はHPが低めに設定されていますので戦闘エロがあまりって方でもテンポ自体はサクサク。

sakura005sakura007

戦闘エロ関連では戦闘中に犯される立ち絵エロと敗北シーンの2つが各ダンジョンに用意されています。
妖怪の類が相手となるので触手系やら人外系のでかちんぽオークなども登場しつつがっつり陵辱エロが主体。

種類もそこそこ豊富で戦闘中でのイベントも立ち絵エロながらしっかり種類毎に立ち絵が変化していく。
でかちんぽさんとはガッチリ掴まれながら犯されたり、触手系では絡みに絡まれる姿が見られたり。
敗北含めこちらのイベントシーンは基本陵辱シーンがメインとなっており犯される姿をメインに描かれていきます。

sakura008sakura011

その他のもう一つのエロ要素は街でのサブイベント。
メインストーリーでは3つの街を渡り歩く事になりますが寄り道として村人とのエロイベントが用意されています。

シチュエーションとしては桜花は結構断れないタイプの人間でその弱みを付け狙われ身体を許しちゃう系イベント。
元々妖刀の影響もあってえっちな事に対してはそこまで嫌悪感は抱いておらず自然とえっちな方向に。
一応設定としてはツワモノな桜花ですがえっちな事に関しては流されやすめな子。押せば大体通る。

そんな村人とのシチュも様々用意されつつ本作の目玉となるのが「段階エロ」。
淫気ポイントを稼ぐ事で次第に妖刀の力が強くなりどんどん快楽の道へと進んでいく。

sakura009sakura010

段階エロは大きく分けて4つの段階変化があり、その全てが各イベントに影響されます。
町でのイベントは勿論の事、敗北や戦闘エロも段階毎にテキストはしっかり変化する。
この段階エロの数が本作の特徴的な部分でシーン総数はかなり多め。

特に変化具合が大きいのはやはり最後の変化で最終的にはあへんほ系テキストがたっぷり。
例え陵辱イベントだとしても快楽へと変換しガッツリ乱れてしまう桜花さん。
また最後の変化だけでなく段階によって解禁される要素もあり、
売春が開放されて自ら男を誘うようになったりとシチュの内容もまた変化が生まれていきますね。
ホント様々な目に遭っていく桜花さんなので次第に許し始める段階堕ち要素が好みの方にオススメ。

▼回想
sakura012

回想に関してはやや不親切で段階エロが数多く用意されている作品ながら一つ一つを見る必要があります。
クリア後全開放などがないので敗北エロ関連などを埋める際はちょっと大変。
一度にシーン開放を目指すってよりかはその時その時でじっくりシーンを見ながら回収するのが良きかも。

ストーリー自体はシンプルな作品ながらも段階エロ部分が非常に数多く用意されており、
段々とえっちに染まっていくエロをたくさん見たいって方なら楽しめる作品かと思います。
段階毎に解禁される要素から陵辱から次第にえっちになっていく姿からひたすらにエロメイン。

ただ全体的にシナリオ部分が弱めの作品なので主人公桜花のキャラクター性はやや薄味。
町でのイベントに入る流れも桜花自身の意思はあまり感じられず流れるままにエロに染められていた印象。
こういう子でここが好きといった部分があまり出てはこなかったのでキャラ重視な方には少し向かないかも。

段階エロによるテキスト量含め小さな変化もエロシーン内でたっぷり描かれていく作品です。
シンプルにえっちなイベントを見たい!って方にオススメのゲームなので堕ち含めたエロシチュが好みの方にどうぞ!

▼DLサイト(18禁)

タグ