mq2001

また一層ぷりぷりなお尻へと進化してんねぇ!

※ネタバレ注意
mq2002

古くからドット絵を嗜むサークル「はくだくソフト(旧BlueLab)」。
前作から約4年ぶり、久々となる最新作が先日発売されました!

前作「MilkyQuest」から繋がる2となる本作でヒロインは前作から続投。
といってもストーリー的にはほぼなかったようなモノなのでこちらからでも全然大丈夫な最新作。
そんな本作ですがやはり一番メインとなるのがドットエロ。
過去作と比べまた一段と頭身も大きくなり更にクオリティの上がったちむちむちな絵柄。
程よい肉付き感も増し、更には一枚絵サイズのドット絵も追加され楽しみの幅も増えたドットエロゲー。
それに加えゲーム性もガッツリ追加された本作なのでどんなゲームに仕上がっているのか軽く紹介。

イかせあいバトルファックゲーム

mq2003mq2004

本作のメインのゲーム要素となるのはバトルファック戦闘。
冒頭に登場してきた少女と共に歩みを進めていく作品で、かなり戦闘を主体としたゲーム。
戦闘を繰り返し経験値を稼ぎ、スキルを強化し強敵へと挑み、そして行動範囲を広めていきます。
物語に沿って進む、というよりかは主人公の強化を元にしたお話なのでとにかく本作のメインとなるのが「戦闘」。
女の子モンスターが蔓延る世界で生き抜くべく、根負けないようちんぽを鍛え上げるまさにセックスバトルゲーム。

そんな戦闘がメインの本作ですが戦闘で特に重要となるのが「スキルの扱い」。
始めは何も覚えてない主人公ですが道中ではスキルを習得し様々な効果を発動出来るようになります。
普通の攻撃スキルだけでなく、行動が速いスキル、防御スキル、回復スキル、等々特殊効果が付与されていく。
このスキルを戦闘毎にどう扱っていくかってのがキーとなるバトルシーン。

mq2005mq2006

戦闘中での画面の見方は簡単で画面右上には次の相手モンスターの発動スキルが表示されます。
特に重要なのが「行動値」で、自分と相手の行動値を同時に消化し0になった時点で効果が発動されます。

例えば相手の行動力が低い攻撃スキルを発動しようとしている時には防御スキルを発動してダメージを抑える、
逆に相手が防御スキルを発動している時には防御の効果を受けない貫通スキルでダメージを与える。
こうやって相手の発動スキルを常に確認するのが重要で、どのスキルが有効なのかをプレイヤーは判断していく。
回復が乏しくゴリ押しが出来ないバトル仕様となっているので結構一戦一戦確認は必要になりますね。

説明がないので最初は戸惑うかもしれませんがスキルが増えていくと段々楽しみが増えていくバトル。
戦闘を繰り返し経験値を稼ぎ、スキルを強化しどんどん歩みを進めていくガッツリ戦闘メインのえっちバトルゲー。
かなり戦闘を主体とした作品なのでレベル上げ等が好きな方にこそ向いているゲーム性かも。
(ラスボスがめちゃくちゃ強く一度入ったら戻れないのでセーブデータを分ける事を推奨)

こってり搾り取られる敗北シーン

mq2007mq2008

戦闘中でも肌色成分多めな本作ですが、
敗北してしまうとテキスト含めたイベントで逆レイプシーンが再生されます。
各モンスター毎にテキストは違いはありモンスターの数は全35体(捕獲33+1+ラスボス)。

逆レイプシーンがメインとなっているので敗北後のシーンは搾られシチュ。
特に強めな口調で責めてくるキャラクターが多くまさに女性上位を表した責めっぷり。
主導権を完全に握られ、時にはがんばれ♡がんばれ♡応援されたりと惨めに搾られるプレイヤーくん。
体位としても騎乗位や足を広げた状態、またお尻を見せつけるような体位などむちむちな体型は見やすくえっち。

それに加え戦闘中では大きなドット絵で犯されてしまう戦闘場面や、
中盤から解放されるモンスターピルを使うとモンスターを捕獲が可能になります。
そちらでは大きなドット絵サイズで表示されるのでこちらもこちらで楽しみ甲斐はあり。

ドット絵良し、でもちょっと作業感のある育成ゲー

ScreenShot_2021_1126_17_30_10mq2011

大体捕獲コンプで5時間程度、敗北見ながら進めていると7時間~程度のボリューム。
本編はかなり戦闘をメインとした作品で少し好みが分かれる内容ではあるかも。
前作がさっくり遊べる内容だったので同じような感覚で遊ぶと少し大変には感じる方もいるかと思う。
でも育成が好きな方ならそれも楽しめる要素ではあるのでこれはこれで遊び甲斐はある作品。
常にえちえちな女の子モンスターに囲われながら強くなる為に狩り続けるそんなセックスバトルゲー。

エロに関してはドット絵は過去作よりもクオリティは上がり容姿は皆が皆えっち。
特にドット絵ながらもむちむち感を描いたキャラクター像は刺さる方には刺さる絵柄。
ただキャラクターの多さはあるものの体位の種類はやや狭く、そこまで大きなバリエーションはない。
プレイヤーの身体を極力見せない配慮がされているのもあって少し似たような構図にはなりがち。
しかし一つ一つ丁寧に描いたエロは満足度も高く、じっくり楽しむのには向いているエロ。
数で楽しむよりも気に入ったキャラを見つけしっぽり搾られる、そんな逆レゲーが好みの方にオススメ。

このサークルさんならではのむちむちなドットエロは相変わらずえっちで容姿に刺されば捗るドットエロゲー。
ゲーム的にやや作業感も強い作品ではありますがちまちま強化していくのが好みの方なら遊べるかと思う。
作品を追う毎に解像度が上がりまた一段と進化したドットエロを味わえる作品。
ジャンル的に好みは分かれそうですが気になった方は一度遊んでみてどうぞ!

▼DLサイト(18禁)

タグ